YOSHI(モデル)は生意気でタメ口!ブサイクで嫌い?親の仕事!

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

スポンサーリンク

今回は、モデルとして活動してきたYOSHIさんについて、生意気、タメ口、ブサイク、嫌い、親の仕事といったことを見てまいりたいと思います。

YOSHIさんは、本名は佐々木ヨシズミといって、2003年2月6日、広島県の出身で、2019年現在の年齢は、16歳となっています。

そんなYOSHIさんには、YOSHI(モデル)は生意気でタメ口!ブサイクで嫌い?親の仕事!といった噂が話題になっており、好き勝手にコメントしていますので、ごゆっくりご堪能してください!

スポンサーリンク

YOSHI(モデル)とは?

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

名前:YOSHI(よし)

生年月日:2003年2月26日

出身地:広島県

身長:155cm

血液型:A型

所属事務所:STARBASE

 

スポンサーリンク

YOSHI(モデル)は生意気でタメ口!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Congrats #BurberryGinza

(@yoshi.226)がシェアした投稿 –

その経歴はあまりにも華麗なもので、若干、13歳にして、なんと、あのルイ・ヴィトンのディレクターから評価されたことによって、芸能界に入ることになりました。

以後、モデルとして、数えきれないくらいのファッションショーで活躍していった、YOSHIさん。

『Forbes』による、30 UNDER 30 JAPANという、将来が期待されるイノベーターを表彰するものにおいて、The Arts部門に選ばれるなど、その注目度はそうとうなもの。

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

さらに、2019年には、大森立嗣監督作品の映画『タロウのバカ』への出演によって、俳優としてもデビューを飾ります。

あらすじの過激さと、菅田将暉さん、仲野太賀さんなどといった豪華共演キャスト陣によって、本作はたちまち評判に。

このように、YOSHIさんはあらゆるジャンルで活躍していましたが、一方では、ひどい言われようでもあったのでした。

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

なんと、生意気とか、タメ口などといったことが、悪評としてささやかれていたというのですね。

タメ口は事実で、菅田将暉さん、仲野太賀さんに対しても、敬語を使っていなかったといいます。

このことが原因となって、YOSHIさんが生意気だと思われたのは、ほぼ間違いないでしょうね。

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

もっとも、YOSHIさんは、本件に限ったことではなく、ふだんからタメ口が基本という流儀の持ち主だったといいます。

つまり、性格に問題があったわけではなく、あくまでキャラクターだったということになりますね。

須藤弥勒の現在が太り過ぎ?父親と母親の仕事!生意気で性格悪い?

YOSHI(モデル)がブサイクで嫌い?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I happen to collaborate with Clarks with my own art! It all came about through me painting on my personal pair. Huge thanks to the Clarks team. Only 10 pairs will be available on Nov 4th, so get your hands on them. Plus, I’ll be performing and attending a talk session so everybody come hang with me in Osaka. Photo by @s2toyou 大好きなCLARKSと俺のアートでコラボすることになった! 一足遊びでペイントしたのからはじまり。CLARKSチームのみんなありがとう。 11/4に10足限定で販売するから是非ゲットしてね。あとライブもトークショーもあるから大阪にみんなかもーん #clarks #clarkswallabees #clarksoriginals

(@yoshi.226)がシェアした投稿 –

ひどい言われようといえば、モデルのYOSHIさんには、生意気、タメ口といったものだけではなく、ブサイク、嫌いなどということも言われていたとか。

これらはさすがに、いくらなんでも、あんまりではないのかと思わざるを得ないですよね…?

嫌いということについては、先ほども取り上げましたように、YOSHIさんが、映画『タロウのバカ』で共演した菅田将暉さん、仲野太賀さんに対してのみならず、誰に対してもタメ口をきく主義だったため、生意気だと思われてしまったことがあったのでしょうね。

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

それだけではなく、2019年現在、まだ10代半ばという若さであるにもかかわらず、異様な活躍ぶりを見せていたことが妬まれてしまったということもあったのではないかとみられます。

ちなみに、YOSHIさんは、あの安倍晋三首相とも撮影していたりして、このこともネットでさわがれていました。

こういったことをみていけば、たしかに、YOSHIさんに好意を持てない人が出てきたとしても、しょうがないかもしれませんよね。

スポンサーリンク

一方、ブサイクという評価については、どう考えてみても、正しい評価ではないだろうと思います。

そもそも、本当にブサイクだったなら、モデルとして活動していくこと自体ができませんからね。

YOSHIさんの場合は、意図的に生意気なキャラクターを作っている部分がありますし、容姿端麗というタイプとは異なるため、ブサイクだと評価してしまう人が出てきただけではないでしょうか。

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

また、モデルといっても、美男美女ばかりではなく、個性的な人など、いろんなジャンルがありますし、YOSHIさんに対する外見上の評価についても、そのうち見直されていくことになるでしょう。

ぎんしゃむのすっぴんの加工前はブサイク?性別は男?性同一性障害?

YOSHI(モデル)の親の仕事!

とにもかくにも、いろいろな意味において話題が絶えない存在であった、モデルのYOSHIさん。

さて、これだけ注目されている人物であれば、まだ若いということもありますし、やはり、親がどういう人たちなのかが、どうしても気になって来ますよね。

ルイ・ヴィトンのディレクターから評価だの、30 UNDER 30 JAPANのThe Arts部門選出だの、映画『タロウのバカ』出演だの、これだけの活躍は、ふつうの若者であれば、到底、考えにくいことですからね。

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

そこで、YOSHIさんの親のことをさっそく調べてみたのですが、意外にも、有名人などではありませんでした。

まず、YOSHIさんの親は、父親が香港出身者、母親が日本人ということで、彼自身は、実はハーフだったのですね。

どちらかが外国系で、本人はハーフやクォーターとくれば、いかにも芸能人の親といった感じがしてきます。

スポンサーリンク

といっても、YOSHIさんの親の場合、あくまで仕事については、芸能界などとは、まったく関係のないものだったのでした。

結論からいいますと、YOSHIさんの親の仕事とは、父親も母親も、それぞれ会社員だったのですね。

とはいっても、ふつうの平社員というわけではなく、父親は、インテリアメーカーのデザイナー。

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

母親も、繊維メーカーの勤務で、販売部長を務めていたといいますから、とても立派な経歴ですよね。

ようするに、YOSHIさんの親は、芸能人やスポーツ選手などではなかったものの、高収入だったものとみられます。

これなら、YOSHIさんが、ふつうの同世代の若者よりも活躍できたことも、ある程度は理解できるでしょう。

YOSHI モデル 生意気 タメ口 ブサイク 嫌い 親 仕事

もちろん、経済力のある家庭に生まれただけで、モデルにはなれませんから、才能も大きかったのでしょうけど。

Laraちゃんはブサイクでハーフ?本名は?親が金持ち自宅が凄い!

コメント